針を用いた時計のバリエーション

針を用いた時計は、秒針の有無により2針と3針に大別されます。一般個人は3針を用いていることが多いと思います。

針を用いた時計のバリエーション

針を用いた時計には2針と3針のタイプがある

私たちが普段用いる時計の種類の1つに、針を用いているものがあります。ところでそれには、2種類のものが存在するものです。針を2つだけ用いているタイプと、3つ用いているタイプです。この2つのタイプの違いなのですが、秒針の有無です。後者のタイプのものは秒針があります。しかし前者のタイプのものは、分針と時針の2つの針のみです。前者のタイプのものは2針と呼ばれることがあり、後者は3針と呼ばれることがあります。

では世間で普及している時計は、2針と3針のどちらの方が多いのでしょうか。圧倒的に3針の方が多いと言われています。恐らく皆様がお持ちの針を用いているタイプのものも、秒針が付いていると思います。ほとんどの方々が保有しているタイプは、3針という訳です。逆に2針のものは、世間ではあまり見られないものです。私の感覚では、2針のタイプのものは法人などで用いられていることが多いと思います。確か私が通っていた会社でも、2針のものが採用されていました。しかし一般個人が持っている物は、恐らくほとんどが3針ではないかと思います。つまり針を用いる時計には3針と2針の2種類が存在するわけであり、3針タイプは主に一般個人の方々によって使われている事が多いという訳です。

関連サイト情報

Copyright (C)2016針を用いた時計のバリエーション.All rights reserved.