針を用いた時計のバリエーション

乗船員の方々が用いるクロノメーターという時計は、茶色の箱に入っていて水平維持の機能が有るのが特徴です。

クロノメーターという時計の2つの特徴

時計は、仕事によっては特別なものが用いられている事があります。看護婦の方々のものは特殊な形状をしていますし、理容師の業界でも特殊な物を用いている事が多いようです。そして乗船員の方々も、また特殊な物を用いていると言われています。クロノメーターです。

クロノメーターの特徴は、2つ有ります。1つ目は、箱に収まっていることです。通常のクロックなどは、壁にかけてある事が多いものです。学校や多くの企業のクロックは、ほとんどが壁や柱などに設置されているものですが。しかしクロノメーターの場合、壁や柱というよりも箱の中に入っています。多くの場合、その茶色の箱が用いられているようです。それと2つ目は、クロノメーターの箱によっては常に水平になるように特殊な機能を備えたものなどもある点です。船に乗っている以上、船体が傾く事などもあり得るものなのですが。水平維持の機能がある訳です。ですので、一般企業が用いている時計などと比べると、クロノメーターはやや特殊と言えます。壁にかけるタイプでも腕に巻くタイプでもなく、特殊な箱に入っているのがクロノメーターの特徴というところでしょうか。職業によっては、このように特殊な時計が用いられている事も有るわけです。

関連サイト情報

Copyright (C)2017針を用いた時計のバリエーション.All rights reserved.