針を用いた時計のバリエーション

電池ではなくネジによる手回しのタイプの時計は、電池不要なのがメリットです。デメリットは、動作の不安定さです。

手回しのタイプの時計のメリットとデメリット

時計を動かすためには、そもそも動力が必要となってきます。現在私たちが用いているものの多くは、自動的に動作してくれているものです。携帯電話に附属しているタイプなどは、携帯の電池の力で動いているものですが。私たちの身の回りのほとんどのものは、電池を用いていることが多いものです。しかし電池を用いずに動かす事ができるものもあります。手回しによるものです。

手回しの時計は、ネジを巻いて動かす事になります。たいていは本体の横側などに、ネジを巻くためのツマミが付いているものです。そのツマミを回転させることにより、電池不要で動かすことができる訳です。電池ではなくネジを回す力が、動力となっている訳です。電池を交換する手間がないのがメリットと言えます。しかしデメリットもあります。手回しのタイプは、電池があるものに比べると動作がやや不安定な一面があるそうです。時間がたまにずれてしまうことも有るそうです。このような理由からか、最近は電池を用いているタイプのものが非常に多いです。しかし最近でも、この手巻きタイプを好んでいる方々も非常に多いものです。時計の愛好家の中には、手回しタイプを好んでいる方もいらっしゃるそうです。

関連サイト情報

Copyright (C)2017針を用いた時計のバリエーション.All rights reserved.