針を用いた時計のバリエーション

1980年代には、お洒落なデザインのパタパタ時計もありました。今はあまり使われていませんが、ファンも多いです。

1980年台に流行したパタパタの時計

時計は、時代とともにデザインが変わっている一面があります。そもそも大昔は、現在のように腕に巻くタイプのものもありませんでした。携帯できる懐中タイプのものが出現したのは、中世の時代からと言われています。それまでは太陽の光を用いたりローソクを用いていたり、かなり特殊な形状をしていたそうなのです。時代とともに、デザインは変化しているものです。ところで、中には一時的にブームになったものもあります。1,980年代には独特の時計があったのをご存知でしょうか。パタパタと呼ばれるタイプです。

パタパタというのは紙芝居のようであり、スロットマシンのようでもあります。両者が合体したような形状をしています。デザインが独特のものになっていますので、愛好家の方も多いようです。実際確かにおしゃれなものと思いますが。しかしそれが流行していたのは、1,980年代でした。逆にそれ以降の時代になってからは、そのパタパタというタイプのものは徐々に消えていきました。しかし上記でも申した通り、デザインはおしゃれなものになっているものです。そのため一部の方々の間では今なお非常に根強い人気も有るそうです。時計は時代により、デザインが色々と変化しているものですが。上記の1,980年代のもののように、一時的にかなり流行していたものなどもある訳です。

関連サイト情報

Copyright (C)2017針を用いた時計のバリエーション.All rights reserved.